不登校・登校拒否の子どもたちの進路と親の会の情報

希望 子どもの未来

「不登校・登校拒否の子どもたちの進路を考えるときに」
「親の会」のリンクをサイドメニューに常設しました。

○不登校・登校拒否の子どもたちの進路を考えるときに
○不登校・登校拒否・ひきこもりを考える親の会
のバナーをつくりました。

不登校・登校拒否の子どもたちの進路を考えるときに

フリースクール・チャレンジスクール・エンカレッジスクール

進路に悩まれているご家族も多いと思います。

校区内の学校だけが、選択肢ではありません。
フリースクールやホームエディケーションという選択肢もあります。

ご参照いただければ幸いです。

不登校・登校拒否・ひきこもりを考える親の会

不登校・登校拒否・ひきこもりを考える親の会

一人で悩みを抱えていませんか?
同じように悩み、苦しい体験をした仲間がいます。
安心してご参加ください。

まずは子どもが、お母さんが、元気になること

学校に行くのがあたりまえ、とされてきた日本の教育制度の中で

子どもが不登校や登校拒否、ひきこもりになったときに誰もが、このまま学校にいけなくなっら、この子の将来は… と誰もが不安になるのは当然です。

そして、なんとかして学校に戻そうとします。

けれど、子どもたちは自覚があるなしに関わらず、悲鳴をあげています。

身体に出るサインは心のSOSです。

言葉では、「学校に行く!」と言っても、実際に身体症状に現れて、行こうと思っても行けない状態。本人が自覚してない場合も多いのです。

そんなときは、自宅でゆっくり休ませてあげてください。

そして、暗い気持ちになりがちですが、「子どもと過ごせるチャンス!」と気持ちを切り替えてみませんか?

お子さんと楽しめることを、

一緒にショッピングに出かけたり、自宅で一緒にお菓子づくりをしたり、

家事を手伝ってもらうのも、お母さんは助かって、一石二鳥(笑)ですね。

子どもは、学校に行けない自分を「ダメな人間だ」と責めて苦しんでいます。

「学校に行かなくても あなたは かけがえのない 大切な唯一無二の存在」

だということを、伝えてあげてください。

親御さんの想いはみなさん同じだと思います。

学校だけが全てではありません。

「不登校」という選択もあるのです。

子どもにとって、

生きづらさを抱えた場所に無理やり戻すのか、

生き生きと、自分の個性を伸ばせる環境に身を置くのか。

何が大切なのか、目の前のことに囚われずに、少し先に目を向けてみませんか?

子どもたちの心は、学校に行ってなくても

「ありのままの自分が受け入れられている」と感じたときから癒えていきます。

そして、充分に癒されたとき、次への一歩が踏み出せるようになります。

本当にやりたいことが見つかったとき、子どもたちのパワーには目を見張るものがあり、

キラキラと輝く目をして、外へと向かっていくのだと、息子や、周りのお子さんたちを見てて

また、親の会のお母さん方のお話を聞いてて思います。

大丈夫です  ( ^ ^

ブログランキング参加中です。
ポチッと応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

こちらもポチッと ありがとうございます♪