子どもが自立するためには

自立

子どもが自信を持てるのは、
自分のことを誇りに思えるから

「自分の努力で手に入れた自由を持っていること。」

一級建築士で、言霊師、神社浴ナビゲーターでもある久田貴子さんが

人が育つ場である家庭と家族 と 日本人のルーツである神社 

深~い関係についてブログで発信されています。

いまなぜ「神社」が注目されているのか?

「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」はベストセラーとなりました。

メディアでもここ最近、御朱印帳御朱印ガールなどがニュースとして取り上げられています。

子どもが自立するには、自尊心との深い関係があったんですね。

自尊心が満たされると次に進める

不登校・登校拒否になった子どもたちの多くが、自尊感情が驚くほど低いのです。

また、生きづらさを抱えている大人の方も同じように、自尊感情が低く「自分に自信が持てない」と言います。

そうなると、周りの目ばかりが気になり、
人から言われたたった一言が自分の感情を大きく左右します。

また、

そこに「自分」は在りません。常に「誰か」のために行動し、依存しつづけるんですね。

常に「誰か」のために行動することで「自分は役に立ってる」「自分に存在価値がある」と思いこんでしまう。。

自分でない「誰か」のために生きているわけですから、そこに自立がないのはもうお解りでしょう。

「誰か」のために生きることは決して悪いことではありません。

ただ、それは自分の「核」がちゃんとあってからこそのこと。

自尊感情が満たされてはじめて、じぶんという「柱」ができ、他者を支えることができるようになるんだと思います。

未来を担う子どもたちの基盤をつくるのは、家庭であり家族です。

核となるルーツを識るために「さあ、みんなで神社へ行こう♪」

ブログランキング参加中です。
ポチッと応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
こちらもポチッと ありがとうございます♪