ヘッダー画像の構成要素《フォント(書体)》

フォントには種類がいくつもありますが、画像を作るとき、意識してチョイスしてますか?

日本語にはたった一文字でも、意味や想いを伝えられる漢字がたくさんありますね。
そんな「文字」から受ける視覚効果も存分に活かしましょう。

フォントの種類

フォントの種類を大きくカテゴリ分けすると、代表的なものとして明朝体、ゴシック体、筆記体などがあります。

この代表的なフォントを使ってイメージの違いを見ていきましょう。

「癒し」や「なごみ」という文字の印象

カウンセラーさん、セラピストさんが伝えたいイメージの中の一つに「癒し」がありますね。
その「癒し」という文字のフォントを使った一例を検証します。

また、「なごみ」の文字は

いかがですか?
あなたはどのフォントから「癒し」を感じますか?

フォント選びは伝わるイメージを意識する

これまで見てきたように、AやCのフォントからは優しい印象を受けますが、Bの太いゴシック系の文字からは強くたくましい印象を受けます。

「目立つから」という理由で「癒し」「なごみ」の文字に太いゴシック系の文字を使うと、見た人は違和感を感じてしまうでしょう。

フォントを選ぶときは、言葉のイメージに合ったフォントを使いましょう。

イメージキーワードでフォントを探してみる

んなことこと言われても〜「どんなフォントを使ったらいいかわからない」という方に。

最近では無償、有償で様々なWebフォントが提供されるようになりました。
実際に導入するのは難しくてできない方でも、自分の伝えたいイメージにどんなフォントがあるのか調べることができます。
ぜひリサーチしてみてください。

■TypeSquare
TypeSquare※参考元リンク:http://typesquare.com/ja/service/fontlist/
 導入においては自己責任でお願いしております。

↓ぽちぽちっと、応援よろしくお願いいたします↓
    ♪ポチッとの3ステップ♪
 1.下記をポチッとクリック☆
 2.サイトで右下に順位が出たらそれをクリック
 3.ブログタイトルをさらにクリック☆ で完了です。

にほんブログ村 デザインブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へにほんブログ村